mail
MENU CLOSE

デフリンピック活動始動

デフリンピックについて

デフリンピックは4年に1度、世界規模で行われる聴覚障がい者のための総合スポーツ競技大会です。
デフリンピックとは「ろう者(Deaf)+オリンピック(Olympics)」の造語で「ろう者のオリンピック」という意味になります。
夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオーストリアで初めて開催されています。

JDSAデフリンピックプロジェクト委員会

【組織設立の目的】
・JDSAデフリンピック委員会(以下、当委員会とする)は日本で開催される予定である第25回夏季デフリンピック大会の追加種目(サーフィン)の準備及び運営に関する事業を行い、もって大会の成功に期すること
・IDSAの組織の基盤づくり運動を行い、日本が運営に携われるように関係構築に努めていこと
以上の2点を大きな目的とする。

当委員会組織体制
デフリンピックプロジェクト委員長:加藤 敦士
デフリンピックプロジェクト副委員長:中村 健吾
デフリンピックプロジェクト事務局長:竹花 康太郎
IDSA窓口:大西 裕之
顧問:西村 和久
アドバイザー:内田 直樹
事務局スタッフ:JDSA理事全員