mail
MENU CLOSE

JDSAとは

About JDSA

JDSAとは

日本デフサーフィン連盟(JDSA)は、国内の聴覚障がいを持つサーファーを統括、代表する団体です。

 

・定款(PDF)

 

デフサーフィンとは

聴覚障がい者を英訳するとデフ(deaf)と言います。
デフサーフィンとは、聴覚障がい者のサーフィンのことを指します。
選手の声、大会の始終のブザー、波の音などが聴こえにくい、もしくは全く聴こえない状態でサーフィン大会を開催しています。大会エリアを周りの人への注意喚起となるフラッグ設置、ブザーの代わりにタイムフラッグで選手に知らせるなど、視覚的に情報保障を⾏なっています。

 

概要

団体名 一般社団法人日本デフサーフィン連盟
JAPAN DEAF SURFING ASSOCIATION
設立 1977年
目的 本連盟は、デフサーフィン競技の健全なる発展ならびにデフサーフィンの普及を図り競技者の自己鍛錬を支援するとともに、サーフィンを通じて海への関心を高め、サーフスポット近隣住民の方々とともにその環境を保護し、後進の育成に尽力することを目的とする。
事業内容
  • (1) 日本デフサーフィン選手権大会、その他の競技会の開催
  • (2) デフサーフィン競技会の後援及び公認
  • (3) デフサーフィンに関する世間への浸透
  • (4) サーフィンに対する安全と事故防止のための活動と講習会の実施
  • (5) サーフィンを通じての国内及び国際交流の推進
  • (6) デフサーフィンに関する助成及び顕彰
  • (7) デフサーフィン競技規則の制定
  • (8) 海外競技会に出場するものの資格審査
  • (9) 公認審判員及び指導員などの養成
  • (10) 自然保護活動、人命救助活動への参加
  • (11) サーフィンを通じて、地域貢献活動
  • (12) 機関紙及びデフサーフィンに関する刊行物の発行
  • (13) 前各号に附帯関連する一切の事業

 

組織図

  • 理事長中村健吾
  • 副理事長加藤敦士
  • 専務理事竹花康太郎
  • 常務理事西村和久 佐藤隆二 内田直樹 猶原拓也 齊藤一 田中千秋
  • 財務・運営田中千秋
  • 財務次長山岸亮良
  • 相談役小島伸之
  • 監査石山薫
  • 委員会
    • 総務 竹花康太郎
    • 事業企画 内田直樹
    • コンプライアンス 中村健吾
    • 強化・アンチドーピング 西村和久
    • コンテストディレクター 佐藤隆二
    • ジャッジ委員長 猶原拓也
    • デフリンピック国際 加藤敦士
会員は随時募集しています。詳しくは下記のボタンをクリックしてください。