1. ホーム
  2. 活動情報

2018年度JDSA定例総会

日時:2018年11月17日
場所:横浜ラポール
参加者:中村、田平、加藤、田中千秋、森島、杉本、田中貴、岡本、服部、石山、市川、川村、金森、佐藤、向達、渋谷、澤田

議長:石山薫

■2018年度度活動報告
愛知デフ
・6月実施
・参加人数は30名ぐらい
・利益プラスマイナスゼロ
・来年の6月も愛知でやりたい ただし支部予選はなしでデフカップ大会のみを希望

湘南デフ
・9月実施
・参加人数は32名
・赤字なし
・2年後に45周年を控えている そのときに大会実施したい ポイントは未定

千葉デフ
・花輪メモリアルとして10月20日実施
・参加人数は55人ぐらい
・波もよかったし、古いOBたちも集まってくれたのでよかった 来年は大会をお休みしたい

■2018年度決算報告
40周年パーティ
・JDSA会計より資金として10万円をパーティの準備金に回してる それが戻れば黒字になる
・今のところ黒字見込み

大会委員会費という名称が分かりにくい
・大会備品の補充や郵送費などのことを指す
・分かりにくいので名称を大会運営費に変更する

■2019年度予算報告
役員手当について
・今までは役員手当は一律1万だったが、今年から理事長はNSA大会引率など平日休暇手当も考慮の上2万円にする
・それ以外の理事は1万円

予備費とは何か
・基本的に予算振り分けで余ったお金のこと 緊急の事態に備えて予備費とした(他団体の会計報告を参考にした)

■新支部長挨拶
伊豆 金森→岡本
京都 川村→石山
浜松 向達→戸塚
愛知 渋谷は辞する予定 後任は未定
千葉 田平は辞する予定 内田を推薦予定
大阪 石山は辞する予定 後任は未定
湘南 杉本、三重 田中、東京 佐藤は継続
北海道は継続か、解散か、確認中
仙台は後日、確認

※各支部に1名は必ずNSA会員が必須なので注意!

理事長からのお願い
・連絡事項は必ず支部メンバーに情報展開してほしい ジャッジ講習会や障害者サーフィン大会など何も聞いてないという問い合せが散見される

九州デフ復活いついて
・小野が復活したいとのこと(あとで本人に確認)

■2019年度JDSA改訂案
① ジャッジ資格取得、更新に伴う費用の支給について
・講習に伴う費用は合格者のみ支給ということで可決
・講習会への交通費はどうするか?
今年は予算がないため、2年後に検討する

② ジャッジ資格切れに対する対応
・ジャッジ不足のため、可決とする

③ Totoくじ助成金について
・特に異議なし、理事で進めて行く

④ ホームページについて
・特に異議なし、独自ドメインを取得し、リニューアルする予定

⑤ 競技中の大会順位表示について
・3分前までは順位の入れ替えを実施、残りの3分は入れ替えはやらないという案で可決
・他は特に異議なし

⑥ 非会員エントリーについて
・特に異議なし

⑦ クラス名の登録について
・ロングはショートと同様、スペシャルとオープンにわけてトライアル形式にして欲しい ただし6人以上集まった場合に限るということで可決
・他は特に異議なし

⑧ 支部対抗トロフィーについて
・返還の際、代わりになるレプリカトロフィーがあった方がいい→否決
・持ち回り制でいく(紛失した場合は1万円弁償)
・他は、特に異議なし

⑨ ショートクラスについて(田平)
A)今まで通りトライアルでスペシャル、オープンにわける
B)スペシャル、オープンを廃止し、1つのクラスに統一する
C)始めからオープン、スペシャルにわける

・話がまとまらないため、メンバーの意見も確認することになった
後日理事から展開する(アンケート形式)

⑩ ワールドデフについて(服部)
・2年後に日本でできるようにしたい、まずは大西と相談

■2019年度会員登録案内
別紙参照
締め切り:年末厳守!

■2019年度デフカップ計画
三重&大阪のコラボ(支部予選含む)
東京(伊豆)←小島に確認してから
愛知(仮)
浜松は新支部長の方針次第
京都は石山の確認待ち

湘南は2年後
大阪は12月の会議で決める予定
仙台は2年後に福島で検討
伊豆はしばらく休止
千葉もしばらく休止
東京は新島、伊豆、品川(サーフィン スポル品川大井町)

■2019年度役員改選
理事長:継続 中村
事務局:継続 田平
広報:継続 加藤 新規追加 西村
ジャッジ委員長:猶原
大会実行委員長:継続 佐藤
会計:継続 田中千秋
会計監査:継続 石山薫
相談役:継続 小島

■各支部からの要望、改訂案
・エントリー4500円を5000円にあげたい、その代わり参加賞とか出して欲しい(伊豆支部)
否決 その代わり、JDSA会費から何か作れないか検討していく
・陸上デフ日本代表へのクラウドファイディングに協力して欲しいとの声あり
12/1に詳細公開されるので支部メンバーにも周知していく、理事長からアナウンス予定
またデフ陸上の理事は去年助成金をもらった実績があるため、協力していただけるとのこと
・支部が存在しない地域に在住のデフサーファーを対象に地域創生目的で地域創生支部(仮)を設立したい(南平)
詳細は南平と話していく