1. ホーム
  2. 活動情報

臨時総会

日時:2019年6月1日
場所:三重県 国府白浜休憩舎
時間:15:30~16:30
参加者:中村、加藤、西村、佐藤、猶原、小島、澤田、杉本、竹花、市川、斉藤、横田、勝又、岡本、佐藤博、頼母木、佐藤遥、南平、平井、小野、石山和、石山杏、末岡、伊瀬知、田中貴、物袋、竹本、石山泰、平田、小嶋、石山薫、島田、田中千(記)
見学者:天野、西川(非会員)
以上35名

議長:加藤敦士

■日本デフサーフィン連盟の社団法人化について(担当:中村)
・社団法人になれば社会的信用も高まり、助成金申請も通りやすくなる。
・助成金は大会やイベントなどの企画書を提出して承認されたら助成金がおりる。

質疑応答
Q 事務所の住所が変わったらどうなる?(竹花)
A 住所が変わったらその都度法務局に変更届けを提出する必要がある。その際、手数料がかかる。
Q 助成金はいつ申請する?(田中貴)
A 一般社団法人化には2週間かかる。NPOだともっとかかる。6月~7月には法務局に申請をすませ、助成金募集が始まる11月には間に合わせたい。
Q 助成金が下りた場合、会費は安くなるのか。(岡本)
A 今は会費5000円で運営がギリギリの状態だが、助成金が下りて運営に余裕が出てきたら会費の値下げも検討したい。

意見
・助成金がおりたらジャッジ謝礼金だけでなく、運営スタッフの謝礼金も出せる。(竹花)
・懸念している法人税についてはスポンサーからの助成金や会費については非課税。大会やイベントで利益が出た場合、その利益にたいして税がかかる。
・法人になった場合、会計収支書を正確に書く必要がある。

賛成33名 反対0名 →よって可決

 

■LINE@について(担当:西村)
支部長LINEグループに発信したJDSA情報が支部長以下に転送されていなく、会員へ情報共有ができていなかったケースがあった。
LINE@で会員へ一斉配信することで、情報共有ができるようにしたい。
管理者は中村、田平、西村の3名で、日本デフサーフィン連盟を知ってもらうために非会員や一般者も登録出来るようにする。

賛成33名 反対0名 →よって可決

 

■健聴者のエントリーについて(担当:佐藤)
・今までは、デフと付き合いがある、あるいはお世話になっている健聴者は6000円でエントリー可能になっていた。だが、この制度だとランキングに健聴者が記載してしまうので廃止したい。
・パラリンピックやデフリンピックに健聴者は出られない。それと同じシステムにしたい。

質疑応答
Q そもそもなぜ健聴者は6000円でエントリー可能にしていた?(石山薫)
A 健聴者は非会員扱いになるので会費を納めているデフよりも少し高めに設定した。

意見
・デフリンピック加盟を目指すなら健聴者は出られないようにしたらいいと思う。(市川)
・以前、東京カップのとき、スペシャルクラス1~3位まで健聴者が独占した。(佐藤)
・健聴者と交流したかったら健聴者の大会にデフが出ればよいのでは。(市川)

対策
基本的にデフカップは健聴者のエントリーを禁止にする。ただ交流クラスを設けるかは各支部に一任する。今年、実施予定の東京&伊豆デフカップは健聴者のエントリーが見込まれるため、交流クラスをやる予定。

 

■プライオリティルールについて(担当:猶原)
・本日、プライオリティルールのデモを実施してみて、聾者だと情報の伝達がスムーズにできないため、難しいと感じた。
・ローカルジャッジからパネルの入れ替える方式が良いとアドバイスをいただいたが、現状では分かりにくいと感じた。
・プロは実践しているが、NSA大会の方はまだやらないのではないかと思う。
・ 妨害のとき、健聴者はマイクで伝えられるが、デフは伝わらないので、工夫が必要。


・将来的にプライオリティルールやる場合の条件は次のように考えている。
・ワンウェーブ(ワンポイントブレイク)
・波が小さいとき(ヒザ以下)
・2~3人のヒート

 

■新支部報告と支部長の挨拶
・福島デフ支部長 澤田
・地方連合デフ支部長 南平
地方連合デフのメンバーは今のところ、南平、平井、小野の3名

 

■各支部からの要望およびお願い
・企画としてサーフィン合宿をやってはどうか。ガイヤサーフ 宇田さんより強化合宿やるべき、デフはまだレベルが足りないとアドバイスもらった。全日本大会に出る人を対象に合宿やったらいいと思う。(田中貴)
・法人化になれば、日本デフサーフィン連盟の組織はしっかりしていると外部から見られるので、若手が増えるいい機会だと思う。(杉本)
・キッズが少なくて寂しい。愛知デフでは名古屋ろうを対象に今年体験会やる予定。これをきっかけに若手が増えたらいいなと思う。(石山和)
・ヤマダ電器ではキッズへのサーフィン育成目的で助成金申請できる。活用しては?(竹花)
・SNSインスタグラムのハッシュタグで「日本デフサーフィン連盟」「デフサーフィン」などを入力することで、インスタグラムにもっと日本デフサーフィン連盟のアピールにつながる。なので、一般非公開ではなく、一般公開の設定が必要。みなさんも活用してください。(加藤)
・検索で「日本デフサーフィン連盟」が検索結果に表示されない状態。ドメイン取得することで表示ができるが、時間とお金が要るのでもう少し待ってください。(西村)
・日本デフサーフィン連盟の活動にはやはりお金が必要。なので会員は極力継続していただくようにお願いしたいです。(中村)